賃貸物件に入居する際には、必ず入居審査というものがあります。この入居審査をクリアしない限り部屋を借りることが出来ません。

今回は、この入居審査をスムーズにクリアする為に、
審査でどのような点を見られるのか?
気をつけなければいけないポイントは何なのか?

などをお伝えしたいと思います。

収入&職業が最も重要なポイント

やはり入居審査での一番のポイントは入居者の収入と職業です。

大家さんからすれば、家賃収入を得ることが出来るので空室よりは部屋が埋まってくれたほうが良いと思います。

ですが、家賃滞納をされれば、家賃収入はおろか滞納分を回収するだけで一苦労です。
こういったことが起こらないように、入居審査では「この人に支払能力があるのか?」という部分を重点的に見られます。例えば、家賃10万円の物件に月収20万円の方が申し込んでも、
まず審査には通りません。一般的に【家賃×3=月収】が審査基準になります。

では、収入の条件が満たされていれば審査が通るかというと、必ずしもそうではありません。

入居審査では、収入と合わせて職業も大きなポイントになります。
例えば、公務員や上場企業勤務の方は、いわゆる社会的信用度が高いので、高確率で入居審査はクリアします。しかし、どんなに収入があっても、水商売や風俗などの
職業では社会的信用度が低いため入居審査をクリアするのはなかなか厳しいところです。

これは何故かと言うと、こういった職業では収入が安定していないという部分が一番大きいですが、本名ではなく源氏名を使っていたり、お店を頻繁に替える方もいるので万が一の時に対処に困るということが審査に通りづらいポイントだと思います。

他に、雇用形態、勤続年数なども審査のポイントになります。

フリーターや日雇いといった不安定な職業の方や無職の方は、審査の通過が難しくなるでしょう。

連帯保証人は、今の御時世では必須

昔は、賃貸物件を借りる際には連帯保証人が必要でした。

これは入居者本人が家賃を滞納して払えなくなった場合に、代わりに支払いをする人です。

最近では、保証会社をつけるのが主流になってますが、物件によっては保証人をつけなくてはいけない物件や、保証会社と保証人の2つが必要な物件もあります。

一般的に、連帯保証人には親族(3親等以内)が理想的で、入居者本人と同等かそれ以上の収入があれば保証人としてOKです。
入居者本人の収入に多少の不安があっても連帯保証人に安定した収入があれば、審査に通過してしまうパターンもあります。

入居者の態度も意外に見られるポイント

収入と職業がちゃんとしていれば審査に通過するんじゃないの?と思われている方も多いと思います。

たしかに、その2つが揃っていれば基本的にはOKです。しかし、不動産会社では入居者本人の態度も見られています。態度が横柄であったり、提出書類を求められているのに遅かったり……

そんなことで!?と思うかもしれませんが、入居後にトラブルを起こす可能性があると判断されれば入居審査に落ちてしまうかもしれませんので、こういった部分にも気をつけましょう!